【APEX】スパグラが出来ない?ポーリングレートが超大事!推奨キーボード2選紹介【徹底解説】

この記事はたぶん 4 分で読めます。
「スパグラが全くできない」
「そもそも自分のキーボードでスパグラ出来るのか知りたい」

スーパーグライドは、Apexの中でも高難度を極めるキャラコンです。

会得する為にはそれなりの練習量が必要ですが、もしかしたらキーボードが原因で発動しない可能性もあります。

今回は「スパグラ × ポーリングレートの話」と、「スパグラが出来るキーボード」の商品を紹介します!

関連記事:

スパグラで重要なのは「ポーリングレート」!

ゲーミングマウスを調べたことがあれば、なんとなく「ポーリングレート」というワードを見聞きしたと思います。

キーボードにも同様に「ポーリングレート」という指標がありますが、マウス程重要視されていません。

まずはこの「ポーリングレート」について解説します。

ポーリングレートって何?

ポーリングレートはマウスが1秒間にPCにデータを送信する回数を表す数値であり、マウス操作の速度を最大限に引き出すために重要な要素です。

 

例えば「ポーリングレートが1000Hzのキーボード」であれば、それは「入力を、1秒間に1000回送信可能」という事。

これは「キーボードは1秒間に1000回も入力しないからオーバースペックじゃん」という話ではなく、ポーリングレートの数値が高ければ、「操作可能なタイミングの幅」が広がるという意味で影響があります。

マウスの方が重要だが、キーボードのポーリングレートも大事

GPTに聞いても「キーボードはマウス程ポーリングレートが高くなくて良い」と答えましたが、私はそうは思いません。(特にスパグラの兼ね合い)

マウスの場合、ドット単位で縦横無尽な操作が要求されるため、ゲームをせずとも高いポーリングレートが前提です。

もし「100Hz」のマウスを使ったら、きっと画面上でカーソルがガクガクと階段を昇降するような操作感になるでしょう。

ではキーボードはどうでしょうか?

 

極端な話「1ポーリングレート」のキーボードだったら、「さ」というワードを入力する際、「s」入力の1秒以降に「a」を入力しないと、「a」が反応しないことになります。(解釈間違えてたらマジすみません)

「2ポーリングレート」だったら、「s」→0.5秒以降後に「a」と入力すれば反応します。

キーボードのスパグラ可否 判断基準

スパグラ発動の条件は「ポーリングレート」と「FPS(フレームレート)」が絡みます

何故フレームレートも絡むのか?
それは「フレームレートは映像だけでなく、入力・出力の情報にも影響を与えるため」です。(以前の私が“フレームレートは画面にしか影響がない”と誤解していたため念の為記載)

一例ですが、

「高いポーリングレートのキーボードであれば、高いFPS環境でもスパグラ可能」
 

です。

反対に

「低いポーリングレートのキーボードでも、低いFPSであればスパグラ可能」
 

です。

簡単に言えば、

「高いFPS(200以上等)でプレイするなら、キーボードのポーリングレートが高くないとスパグラ出来ない」

ということ。

では、
「◯◯FPSでプレイしている場合、ポーリングレートが◯Hz以上あればスパグラ可能なのか?」を可視化してみます。

ここからは正直かなり自信が無いのですが、
恐らく
「ポーリングレート ÷ FPS = 1以上」であれば「可能」と判断して良いのかなと思っています。

以下、計算をまとめています。

FPS(フレームレート)ポーリングレート(Hz)入力可能な最小単位
(ポーリングレート / FPS)
スパグラ可否
601001.667
100016.667
1001001
100010
1441000.694×
10006.944
2001000.5×
10005
2441000.41×
10004.098
入力可能な最小単位 = ポーリングレート ÷ FPS
入力可能な最小単位が「1」以上を◯と判断。

まず、スパグラが出来ないキーボード

少なくとも、私が以前スパグラを練習していた「e元素メカニカルキーボード61キー 赤軸を採用のゲーミングキーボード」では一切スパグラが出来ませんでした。

これはゲーミングキーボードでありながら、ポーリングレートが恐らく低いためです。

 

「今使ってるキーボードでスパグラ出来るのか?」は、以下のサイトでテストしてみてください。

Apex Legends Superglide Trainer

テスト方法は以下の記事で紹介しています。

確実にスパグラが出来るキーボード2選

スパグラ可能キーボード①Apex 9 TKL JP(17,000円代)

実際に私がスパグラしまくっているキーボード。
ポーリングレートは1000Hzと公証されています。

応答速度が0.2とゲーミングキーボード界最速の部類で、e元素から乗り換えて「キャラがめっちゃキビキビ動く」と感動しました。

【PR】Amazonで見る

スパグラ可能キーボード②Razer Huntsman V2 TKL(23,000円代)

ポーリングレート8000Hzと公式記載があります。
それとフレンドがこのキーボードでスパグラ連発しているため、こちらも問題ありません。

【PR】Amazonで見る

【APEX】スパグラが出来ない?ポーリングレートが超大事!推奨キーボード2選紹介【徹底解説】:まとめ

 

というわけで、「スパグラとキーボード」についての解説でした。

スパグラで悩んでるプレイヤーにとっては、まず「自分のキーボードでそもそも発動するのか?」が疑問だと思います。

そこをまずはスパグラトレーナーのサイトで検証しましょう。

スパグラ本当に気持ち良いので、是非トライしてみてください!